九工大発VBのトライアート、建築劣化分析 AIの目で

2018/3/27 1:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州工業大学発ベンチャーで、システム開発のTRIART(トライアート、福岡県飯塚市)は人工知能(AI)を活用した画像比較システムを発売した。画像のずれなどを自動補正した上で、2枚の画像の異なる点を容易に分析できるのが特長。建築物の劣化具合を確認する際などの利用を見込んでおり、初年度で1000件の販売を目指す。

発売した「ミーデルバージョン3」は2枚の画像を比較し、異なる部分を赤色や青色などで強調…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]