集積一気 開発終盤に 割安賃料・固い地盤魅力
(転機のMM21(上))

2018/3/27 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市のみなとみらい(MM)21地区の開発が最終局面に差し掛かった。企業や大学、商業施設の進出がここにきて急ピッチで決まり、街の9割が埋まった。ただ、依然として残る空白地帯の行方や域内のにぎわい格差など今後の成長の青写真はなお描き切れていない。着工から2018年で35年。「未来都市」の開発を検証するとともに、持続可能性を展望する。

「世界最大級の音楽専用アリーナだ」。不動産会社のケン・コーポレー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]