ジェットスター、中部空港の拠点利用開始

2018/3/26 21:30
保存
共有
印刷
その他

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは26日、中部国際空港(愛知県常滑市)を夜間駐機や整備ができる拠点として利用し始めたと発表した。同社の拠点空港は成田国際空港と関西国際空港に続き3カ所目で、ダイヤを柔軟に組めるようになる。週内にも増便など新たな運航計画を発表するという。

21日に整備基地を開設し、運用を始めた。当面は1機を駐機させ秋ごろまでに計3機体制とする。常駐する客室乗務員や整備士らも現在の約30人から100人に増員するという。片岡優社長は記者会見で「国内、海外から中部に旅客を呼ぶ。新規路線の開設も積極的に進めたい」と話した。

同社は現在、中部空港から札幌、福岡、沖縄、鹿児島の国内4路線と台北、マニラの国際2路線を運航している。同空港は2019年度上期にLCC専用ターミナルを開設する予定で、片岡社長は「使用するか結論を出していないが、施設への要望を含めて話し合いたい」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]