/

シマノ本社工場で火災 堺市 けが人なし

火災で煙を上げるシマノの本社工場(26日午後4時6分、堺市堺区)=共同通信社ヘリから

26日午後1時45分ごろ、堺市堺区老松町3の自転車部品大手シマノの本社工場3階から炎が上がっていると、男性警備員から119番があった。消防車約20台が出動して消火活動を行ったが、午後7時までに鎮圧できていない。大阪府警堺署などによると、工場内で働いていた約190人は全員避難し、けが人はなかった。

堺署によると、さび防止のため部品を浸すめっき槽から出火したとの目撃情報がある。めっき槽は縦90センチ、横1.5メートル、深さ約1.5メートルで、内部に硫酸を含んだ水溶液が通電した状態でためられていたという。

同社広報担当者は「被害状況を早急に把握し、他工場で製造することも含め対策を検討したい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン