eBASE、薬局向け医薬品データベースに進出

2018/3/27 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトウエア開発のeBASEは医薬品向けのデータベース事業を始める。このほど流通システム開発のプラネットなどと提携。商品情報の提供を受け、市販のかぜ薬や医療機関で処方される薬のデータベースを構築する。食品の商品情報が主力のeBASEの顧客はスーパーなどが中心。ほぼ取引がなかったドラッグストアや調剤薬局向けの販路を開拓する。

市販薬ではプラネットからのデータ提供で1万点、処方薬では医薬品データベー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]