/

この記事は会員限定です

海外M&A「平時から備えを」 経産省研究会、経営者向けに手引

[有料会員限定]

日本企業による海外企業のM&A(合併・買収)が増加していることを受けて、経済産業省の有識者研究会はこのほど、企業経営者向けに海外M&Aを活用するための手引を作成した。海外企業を買収しても相乗効果を出せないケースがあることから、平時から経営戦略のなかに位置付けたうえで、準備に時間をかけることを推奨する。

手引ではM&A前、交渉段階、統合段階、M&A後の4段階に分けて、海外M&Aを成長につなげるため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン