/

羽生選手の凱旋パレード 4月22日に仙台で

仙台市と宮城県は26日、平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦選手の祝賀パレードを、4月22日に仙台市中心部で開催すると発表した。羽生選手は仙台市出身。

午後1時15分から出発式を開き、午後1時半から約40分かけ市中心部の東二番丁通り約1100メートルを進む。コースは前回より約220メートル長い。羽生選手のサインやイラストをあしらった記念Tシャツを販売する。

パレードは前回のソチ五輪後にも開き、約9万2千人が集まった。

26日の記者会見で仙台市の郡和子市長は「感動と勇気を与えてくれたことにお祝いと感謝の気持ちを伝えたい」と話し、宮城県の村井嘉浩知事は「全国からパレードに来てもらい、被災地にも足を運んでほしい」と述べた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン