/

この記事は会員限定です

「バズる」と「炎上」紙一重 SNSマーケティングで誤算

[有料会員限定]

交流サイト(SNS)で特定の個人や企業への批判をきっかけに議論が盛り上がる「炎上」。それを逆手に取った「炎上マーケティング」は商品やサービスの情報拡散が期待できる半面、企業のブランドを毀損するリスクもある。ネット上で「はやる」という意味の「バズる」と炎上の線引きは難しい。過去の事例から炎上の回避策を探る。

差別を連想させる表現を含む動画は、ほぼ確実に炎上する。2017年10月、英蘭ユニリーバが販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン