/

この記事は会員限定です

鉄連会長「日米の貿易に影響」 米鉄鋼輸入制限

[有料会員限定]

トランプ米政権が鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を発動したことで鉄鋼業界に警戒感が広がっている。日本鉄鋼連盟の進藤孝生会長(新日鉄住金社長)は26日の記者会見で「鉄鋼がきっかけとなり、日米の貿易全体に影響を与える可能性がある」などと述べた。

同日、韓国が鉄鋼の米国向け輸出に数量枠を設けることで米国側と合意したことについては「米国の通商交渉の材料に使われている」(進藤会長)として、警戒感を示した。

日本から米国へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン