2018年9月24日(月)

自民の改憲論議を主導する「新実務派」4人組
編集委員 清水真人

政治アカデメイア
コラム(経済・政治)
(1/3ページ)
2018/3/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 憲法改正論議は25日の自民党大会で新たな局面に入った。首相の安倍晋三との意思疎通が円滑な憲法改正推進本部長の細田博之、副総裁の高村正彦ら「新実務派」4人組が自衛隊明記など4項目で意見集約を主導。従来のけん引役だった「憲法族」議員は失脚し、党内力学は様変わりした。改憲の国会発議は究極の議員立法扱い。条文案は党議決定せず、修正の余地を残して政党間協議に向かうが、「森友政局」の余波で視界不良だ。

■粛々

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報