2018年9月22日(土)

ウーバー、日本市場へ攻勢強める 東南アジア撤退

2018/3/26 14:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズは25日、東南アジアの同業最大手グラブに東南アジア事業を売却し撤退すると発表した。中国、ロシアに続き単価が安く競合も厳しい地域から撤退。2019年の上場を目指し、利益率を高める狙いだ。アジア市場での最重点地域は日本となる。今後、タクシー会社との提携を通じた日本市場への攻勢が激しくなりそうだ。

 ウーバーは事業譲渡と引き換えに、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報