/

ドコモの接続料値下げ、格安スマホ事業者の期待下回る

日経クロステック

携帯電話大手3社が2017年度に適用するパケット接続料は、前年度比11~18%程度の低減だとわかった。パケット接続料は「格安スマホ」に代表される仮想移動体通信事業者(MVNO)がデータ通信サービスを提供する際の仕入れ値に相当する。MVNOの期待を下回る結果となった。

多くのMVNOに回線を提供するNTTドコモのパケット接続料は前年度比18%減。パケット接続料は設備費用をトラフィックで割ることで算出しており、NTTドコモに関しては大幅な低減が期待されていた。同社の設備投資自体はほぼ横ばいなものの、今回の算定対象となる2016年度に減価償却方法を定率法から定額法に切り替えたためだ。

携帯電話大手3社のパケット接続料(レイヤー2接続、10Mビット/秒当たりの月額)の推移。2015年度適用分は2016年8月の改定値を記載した

ところが、ふたを開けてみれば期待外れに終わった。2016年度が前年度比14%減だったので、低減率は小幅な増加にとどまった。KDDI(au)は11%、ソフトバンクは18%と、他の2社も低減率は前年度並みに終わった。NTTドコモとKDDIの接続料格差は広がったが、KDDIとソフトバンクの接続料格差は縮まった。

格安スマホ事業者は収入の多くを接続料の支払いに充てている。接続料の低減は経営にプラスとなるが、ユーザーのトラフィックは増加しているのでNTTドコモへの支払い額はそれほど変わらない。ユーザーの料金を値下げする余裕はなく、できたとしても容量の拡充による還元が中心になるとみられる。

(日経 xTECH 榊原康)

[日経 xTECH 2018年3月23日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン