2019年2月24日(日)

2/24 2:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,154,188億円
  • 東証2部 76,559億円
  • ジャスダック 90,327億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.51倍13.90倍
株式益回り7.40%7.19%
配当利回り1.87% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,425.51 -38.72
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,400 -40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

2月22日(金)14:20

トヨタ北海道 きょう午後に操業再開へ[映像あり]

日本紙パ商事 子会社が産業廃棄物を不適正処理

2月22日(金)13:00

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株、一転上昇も拭えぬ3つの不安要因
証券部 坂部能生

2018/3/26 13:05 (2018/3/26 15:01更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

26日の東京市場で日経平均株価は反発した。終値は前週末比148円24銭(0.7%)高の2万0766円10銭。前週末の米国市場で株価が大幅に続落したことなどから、朝方は一時下げ幅を270円に広げる場面もあった。その後は外国為替市場での円高・ドル安一服や、米株先物の上昇に合わせて株価指数先物が買い戻されたようだ。だが日本企業の来期業績や米国と中国の貿易摩擦、安倍政権の行く末に対する不安感は拭えず、本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場と投資を読み解く

26日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

読まれたコラム