/

JXTGホールディングス社長に杉森氏

JXTGエネルギー 杉森務社長

JXTGホールディングス(HD)は石油元売り最大手の事業子会社JXTGエネルギーの杉森務社長(62)が社長に昇格する人事を固めた。持ち株会社であるJXTGHDの内田幸雄社長(67)は会長、木村康会長(70)は相談役に就く見通し。6月末の定時株主総会で正式に決める。ガソリン市場が縮小するなか製油所統廃合や海外事業拡大に新体制で取り組む。

木村氏と内田氏はJXTGHDの前身であるJXホールディングスの会長、社長を務め、東燃ゼネラル石油との経営統合を指揮。2017年4月発足の統合新会社を軌道に乗せた。

杉森氏はJXTGHDの源流である日本石油時代から主流である販売部門を担当してきた。

国内ガソリン需要は人口減などで毎年1~2%減少。価格競争も激しい。今後は電気自動車(EV)の普及も見込まれており、JXTGHDは収益構造の転換を急ぐ。

杉森 務氏(すぎもり・つとむ)79年(昭54年)一橋大商卒、日本石油(現JXTGエネルギー)入社。14年JXエネルギー社長、17年JXTGエネルギー社長。石川県出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン