/

この記事は会員限定です

農産物の生産技術、8割が「管理せず」 価値に気づかず

[有料会員限定]

農産物の生産技術やノウハウについて、個人農家の82%が特別な管理をしていないことが農林水産省の調査でわかった。土作りや育苗の方法などは知的財産としての価値を持つ可能性があるものの、農家の関心は低いことが浮き彫りとなった。管理が不十分なままでは、国内の他農家や海外に技術が流出する懸念もある。

農産物に関する知財は新しい品種やブランド名を登録して保護する動きはあるが、生産技術や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン