/

この記事は会員限定です

中国、米国債を対米外交の武器に

[有料会員限定]

中国が米国債の保有額で初めて日本を抜いて世界一になったのは、リーマン・ショックが起きた2008年9月である。危機対応で国債の大量増発を迫られた米国は、中国に一部の引き受けを頼んだとされ、中国が米国債保有で日本を引き離すきっかけとなった。

当時の米財務長官はポールソン氏、中国の金融担当副首相は今月の全国人民代表大会(全人代)で国家副主席に選ばれた王岐山氏である。ポールソン氏が旧知の王氏に米国債の購入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り418文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン