/

横浜市 副市長4人体制に 4月から

横浜市は23日、小林一美政策局長(59)と荒木田百合政策局担当理事(58)が4月1日付で副市長に就任すると発表した。任期は2022年3月31日まで。荒木田氏は内部登用では初の女性副市長になる。

柏崎誠副市長(63)は3月31日付で退任する。副市長は4月から4人体制になる。林文子市長は人事について「2019年のラグビーワールドカップ(W杯)や20年の東京五輪などの国際的なイベント、人口減や高齢化といった課題にスピード感を持って対応する」と説明した。

小林氏は1983年に入庁し、総務局組織改革推進部長などを歴任。荒木田氏は82年に入庁し、こども青少年局子育て支援部地域子育て支援課長などを務めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン