/

この記事は会員限定です

NOX除去触媒、低温でも動作 首都大東京など発電所向けに

[有料会員限定]

首都大学東京の村山徹特任教授らは中国電力と共同で、石炭や重油を燃やした際の排ガスから窒素酸化物(NOx)を取り除く触媒を開発した。従来技術よりも低い温度で働くため、性能が落ちにくく、交換が不要になるという。石炭火力発電所で使う場合、現在は2~4年ごとに数億円かけて交換していた。2024年の実用化を目指す。

国内の石炭火力発電所の排ガスを使い、耐久性などを調べる実証試験を21年にも始める。新設する発電所のほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン