逆境リコー、見えぬ出口 米販社巨額減損で赤字最大に

2018/3/23 20:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リコーは23日、2018年3月期の連結営業損益が1600億円の赤字(前期は338億円の黒字)になりそうだと発表した。200億円の黒字予想から一転、6年ぶりの赤字となる。北米子会社などで巨額の損失を計上、構造改革に一定のメドをつけ来期以降の回復を目指すというが、主力の事務機への逆風は強まるばかり。復活への出口はまだ見えない。

「深刻に受け止めている」。23日夕、東京都内で緊急記者会見を開いたリコー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]