/

この記事は会員限定です

英語で世界を学ぶ場、子どもたちに

セラン・樋口亜希CEO

[有料会員限定]

小学生が人権や環境問題について英語で学べる週末スクールなどを手がけるSelan(セラン、東京・目黒)。創業者の樋口亜希最高経営責任者(CEO、29)は幼少期に、海外留学生に自宅で面倒を見てもらった原体験をもとに起業した。両親が名前に込めた思いの通り、「アジアの未来のリーダーをつくり希望を生み出したい」と攻めの姿勢で挑む。

2008年日本の大学をやめ、9カ月のスパルタコースを経て中国・北京大学に入学。12年リクルート・ホールディングスに入社、営業を担当。14年リクルート退職。15年趣味で「お迎えシスター」を開始、半年後に創業。17年英語の週末スクール「ドットスクール」開校。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン