/

中国、王岐山副主席が外交デビュー 比外相と会談

【北京=永井央紀】中国の王岐山国家副主席は23日、北京市内でフィリピンのカエタノ外相と会談した。17日に国家副主席に就任した後、海外要人と会うのは初めて。習氏の腹心である王氏が、外交政策に関与することが確認された。

共産党の最高指導部が住居や仕事場を構える中南海で会談した。王氏は昨秋に党役職を退いたが、国家副主席として政界に残留。主に対米経済関係を担うとの見方が多かったが、より幅広く外交に携わる可能性がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン