クールジャパン、大阪城公園内に3劇場 19年2月開業へ
年間50万人の来客目指す

2018/3/23 18:44
保存
共有
印刷
その他

官民ファンドのクールジャパン機構と吉本興業など13社は23日、大阪城公園(大阪市)に整備する劇場「クールジャパンパーク大阪(仮称)」の概要を発表した。同園の森ノ宮エリアに大中小3劇場を2019年2月に開業する。古典芸能や落語、演劇など多様な娯楽を上演、訪日客向けに言葉が分からなくても楽しめる演目も用意し、年間50万人の来客を目指す。

大阪城公園内に整備される劇場の完成予想図

大劇場は約1100席ありコンサートやサーカス、演劇など様々なジャンルの上演が可能。約700席の中劇場は演者の細やかな表情まで分かる設計にする。小劇場は舞台と客席を自由に調整でき、落語や古典芸能、スタンディングライブのほか展示会の開催も想定。約300席で、立ち見なら600人収容できる。

大劇場と中、小劇場が並ぶ形で夜の興行も検討しており、年間300日程度の営業を目指す。

参画する民間13社は吉本のほかに電通や在阪の民放5社など。各社がノウハウを持ち寄って上演するコンテンツを開発する。23日に大阪城公園内で開かれた概要発表の記者会見で大阪市の吉村洋文市長は「大阪の文化、芸能を発信する拠点ができれば、どこにも負けない日本一の公園となる」と期待した。

整備エリアはJRと地下鉄の森ノ宮駅から徒歩約5分。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]