/

LTグループ、15%増益 17年

■LTグループ(フィリピン大手財閥) 2017年12月期の純利益は前の期比15%増の108億ペソ(約220億円)だった。傘下銀行フィリピン・ナショナル・バンクが金利収入の増加などで好調。蒸留酒、ビール事業は苦戦した。

売上高は10%増の637億ペソ。フィリピン・ナショナル・バンクの純利益は16%増の85億ペソで、一部株式を保有するLTグループの純利益に占める比率は45%に上った。ほかの部門の利益貢献度は、傘下のたばこ大手フィリップ・モリス・フォーチュン・タバコが40%、蒸留酒タンドゥアイ・ディスティラーズが6%、ビールなどのアジア・ブリュワリーが5%だった。(マニラ=遠藤淳)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン