/

この記事は会員限定です

国際データ競争、勝ち抜く条件 安宅和人氏

ヤフー チーフストラテジーオフィサー

[有料会員限定]

人工知能(AI)やデータを巡る競争が世界で激化している。今後10年でデータの使用量は最低でも現状の1000倍に高まり、膨大なデータをいかに活用するかが問われるようになる。データ時代を日本が勝ち抜くためにはデータ処理コストの低減と、そのデータの活用を促す規制緩和が必要だ。

今はデータ化されているモノといえば、インターネットや一部の通信機器だけだ。今後は世の中のモノがすべてデータ化される。対象物が増え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン