/

この記事は会員限定です

地域の動きが国を動かす NPO法人がん政策サミット理事長・埴岡健一氏

向き合う

[有料会員限定]

2007年に施行したがん対策基本法では、がん対策を審議する国の「がん対策推進協議会」に患者・家族の立場の者が委員として入ることが規定された。私も初の委員になった。

最初の仕事は今後5年間のがん対策の骨格となる基本計画をまとめることだった。4月から審議し、6月には閣議決定するという突貫作業だったため有志の委員5人で合宿し、共同提案書を5月に協議会に提出した。09年にはがん対策予算に関する提案書も厚生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン