スポーツ > 競馬 > 栗東通信 > 記事

栗東通信

フォローする

サトノダイヤモンド、完全復活なるか

2018/3/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

昨秋、フランスの凱旋門賞(G1)に挑戦し、15着に敗れたサトノダイヤモンド(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が、11日の金鯱賞(G2、中京芝2000メートル)で帰国初戦を迎えた。稽古の動きが悪く、海外で大敗した精神的ダメージなどが案じられたが、約半年ぶりの実戦で3着に入り、力を示した。

スローペースの中団からレースを進め、最後の直線で末脚を伸ばしてきた。加速に時間がかかったものの、先行馬有利のペースだ…

栗東通信をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

栗東通信 一覧

フォローする
キセキ(左から2頭目)はフォワ賞で完敗だった=共同共同

 日本でも注目度の高い欧州最高峰のレースのひとつ、凱旋門賞(G1、仏・パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)が10月6日に行われる。このレースに参戦予定の関西馬、キセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎) …続き (2019/9/29)

 2019年の中央競馬も23日の宝塚記念(G1)が終わり、折り返し地点を迎えた。上半期の印象的な出来事のひとつは、関西馬の意欲的な海外遠征だろう。3歳馬のマスターフェンサー(牡、栗東・角田晃一厩舎)は …続き (2019/6/30)

武豊(右)はフェブラリーSで早くもG1を勝った(17日、東京競馬場)=共同共同

 武豊(49、栗東・フリー)が年明けから好調だ。24日現在で26勝を挙げ、最多勝ランキングで2位につける。17日のフェブラリーステークス(東京、ダート1600メートル)では早くも今年のG1初勝利を飾っ …続き (2019/3/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]