/

この記事は会員限定です

「国会対策のため」と財務省職員、文書書き換え認める 地検聴取に

[有料会員限定]

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられた問題で、財務省職員が大阪地検特捜部の任意の事情聴取に対し「国会対策のため書き換えた」との趣旨の説明をしていることが22日、周辺関係者への取材で分かった。特捜部は27日の佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問での証言内容なども踏まえ、詳しい経緯の解明を進める。

特捜部は、近畿財務局職員が学園に国有地を不当に安く売却したとする背任容疑や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン