/

この記事は会員限定です

賃上げ減税、中小は歓迎 内需企業の人手不足深刻

[有料会員限定]

2018年度の税制改正の目玉が「賃上げ減税」だ。3%の賃上げを前提に法人税を引き下げる。設備投資などの条件も課されたため大企業からは「使いにくい」と評判はいまひとつだが、成長過程にある中堅・中小企業に視点を移すと評価は異なる。内需企業が多く深刻な人手不足で賃上げは避けて通れない。渡りに船とばかりに減税策の活用に前向きだ。

「減税は非常にありがたい」とタマホームの玉木克弥専務は話す。人手不足で住宅販売の現場の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン