静止画なのに回る、AIも「錯視」 深層学習で再現

2018/3/22 21:21
保存
共有
印刷
その他

基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)の渡辺英治准教授らは、大きさや色が実際とは異なって見えたり、静止しているものが動いて見えたりする「錯視」が人工知能(AI)にも起きることを確かめた。人の脳が目で見る情報から予測する機能をAIの一種の深層学習(ディープラーニング)に組み込んだ。脳が感覚情報から予測する仕組みなどの解明につながる可能性がある。

錯視研究の第一人者である立命館大学の北岡明佳教授が考案した…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]