/

八丁味噌意見書、全会一致 地元市議会、国に調整要望 愛知

愛知県岡崎市議会は22日、地元特産「八丁味噌」のブランド論争の解決に向け、利害関係者の合意形成への「指導、調整を政府に強く要望する」との意見書を、全会一致で可決した。近く農林水産省などへ提出する。

農水省は昨年12月、地域の農林水産物をブランドとして守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、愛知の豆みその八丁味噌を登録。しかし本場の岡崎市で、江戸時代からの製法を続ける「まるや八丁味噌」社と、「カクキュー」ブランドの「八丁味噌」社の老舗2社が枠組みから漏れた。

意見書は、2社について「伝統的製法を守り、高い品質を維持し続けている。まさに地理的表示の定義に沿った品だ」と強調。「地域での調整が十分でないまま(別の団体が)登録されたのは遺憾だ」と訴えた。

2社は「GIマーク」を使えず、八丁味噌の名称で製品を欧州に輸出できない可能性がある。14日には農水省に対し、行政不服審査法に基づく審査を申し立てた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン