セブン、配送車にバイオ燃料 愛媛県で、CO2排出5%削減

2018/3/22 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン―イレブン・ジャパンは物流部門の二酸化炭素(CO2)排出削減の取り組みを加速する。使用済み食用油を再生したバイオディーゼル燃料(BDF)を愛媛県内の配送車に導入し、同県での配送時のCO2排出量を5%減らす。イオンもCO2排出量の少ない定期船での配送を始めた。ESG投資など環境に配慮した企業を選別投資する動きが広がる中、大手小売りの環境対策が本格化してきた。

国土交通省によると2015年度の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]