/

河村市長「国会の審議に協力」 前川氏授業報告問題

文部科学省が名古屋市立中で講演した前川喜平・前事務次官の授業内容の報告を同市教育委員会に求めたことに自民党の池田佳隆衆院議員(比例東海)が関与したことについて、河村たかし市長は22日、記者団に「証人喚問か参考人招致で、(国会で真相を)しゃべってほしい。市としても国会の審議に協力したい」と語った。

池田議員は同日、問題発覚後初めて国会で記者団の取材に応じた。河村市長は「言い分があれば国会で言えばいい」と強調。さらに池田議員と、文科省に照会した自民党文科部会長の赤池誠章参院議員(比例)について、「名古屋の子供の前で説明できるなら説明してほしい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン