2018年11月18日(日)

商店街の復活劇、廃業しやすい環境をつくる

生産性考
2018/5/2 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「猫も歩かない」と言われた地方のシャッター街を復活させた男がいる。宮崎県日南市から商店街の再生を委託された木藤亮太さん(43)。契約期間の4年間で新しく29店舗を誘致した。「大切なのは店舗のオーナーが安心して廃業できる環境をつくること」と話す。時代に合わなくなったものを新しいものに置き換える新陳代謝は、企業だけでなく地方創生にも欠かせない。

プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地である天福球場(宮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

「雇用維持」の誤謬 事業再編、ためらいに死角[有料会員限定]

2018/5/2 20:00

企業は変われるか(2)新陳代謝 米に見劣り[有料会員限定]

2018/2/27付

事業入れ替えに活路[有料会員限定]

2018/2/27付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報