/

この記事は会員限定です

安倍政権に前門のモリトモ 後門のジョンウン

[有料会員限定]

首相、安倍晋三は学校法人「森友学園」に関する決裁文書を財務省が書き換えた問題で支持率が急落した。27日の前国税庁長官、佐川宣寿の証人喚問を控え、事態は予断を許さない。4月に入ると安倍は訪米し、米大統領、トランプと北朝鮮委員長、金正恩(キム・ジョンウン)への対応を話し合う。前門のモリトモ、後門のジョンウンが政権運営に立ちはだかる。

■衆院解散の誘惑

朝日新聞が森友問題の書き換え疑惑を報じてから1カ月も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1174文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン