/

この記事は会員限定です

自民、農産物輸出の新組織 トップに小泉氏 TPP・参院選にらみ

[有料会員限定]

自民党は23日、日本産農産物の輸出拡大を促す「農産物輸出促進対策委員会」の初会合を開く。前農林部会長の小泉進次郎筆頭副幹事長が委員長に就任。国内農家への支援策などを話し合う。環太平洋経済連携協定(TPP)の署名で外国産農産物の輸入増が見込まれる中、海外市場の開拓を後押しする。2019年の参院選をにらみ、農業票の上積みにつなげる狙いもある。

党農林・食料戦略調査会のもとに新設する。6月にも提言をまと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン