2019年3月19日(火)

日清製粉、タイの製粉工場を約18億円で取得

2018/3/22 17:19
保存
共有
印刷
その他

日清製粉は22日、タイで小麦粉などの製造・販売を手掛けるパシフィック製粉(バンコク)から、製粉工場を約18億円で取得したと発表した。日清製粉のタイでの小麦粉の生産能力は原料小麦ベースで1日あたり630トンと現在の2.3倍となる。パンや菓子向けなどの需要が増えているタイで供給体制を強化し、さらに販売を伸ばす。

日清製粉のタイの子会社である日清STC製粉がチョンブリ県にあるパシフィック製粉の工場を取得した。サムットプラカーン県の既存工場と2工場体制になる。生産した小麦粉は主にタイの外食チェーンや製麺会社などに販売する。

タイおよび周辺の東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国では、経済成長に伴って食生活が多様化している。主食である米に加え、パンや菓子など小麦粉を使った食品を食べる機会が増えているという。日清STC製粉は13年に小麦粉の生産能力を2割高めたが、需要拡大を受けて供給体制の増強を検討していた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報