2019年5月22日(水)

古都を近代化 礎の疏水学ぶ
(おでかけスポット)

2018/3/23 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

明治維新から150年を迎える2018年。「近代化」が観光のキーワードの一つになるなか、京都で脚光を浴びているのが明治期の人工水路「琵琶湖疏水(そすい)」だ。琵琶湖から生活用水を運ぶ疏水は水運を発達させ、水力発電も生んだ。月内には観光船の運航も始まり、より身近な存在になりそうだ。

疏水は長いトンネルを経て、京都市中心部の鴨川などに合流する。メインの第一疏水は1890年に完成し、今は全長約35キロメ…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報