/

この記事は会員限定です

LGBT働きやすく 大阪府など、セミナーや相談員

「人材難解消の一助に」

[有料会員限定]

性的少数者(LGBT)の就職や転職を支援する動きが自治体などで広がっている。大阪府はLGBTの人を就労支援の窓口に配置。学生と企業を仲介する就活サイトで、性別欄に「その他」を設けるなどの動きもある。障害者や外国人などを含めて多様な人材を生かせるかどうかは企業に共通した課題で、関係者は「取り組みを促し、誰もが働きやすい環境を整えたい」と話している。

「20人以上の規模の会社ならLGBTの人がいると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン