/

花見の一等地、有料に 福岡県、天神中央公園で

(更新)

福岡県は22日、九州一の繁華街、福岡市・天神にある県営の天神中央公園に例年設けている予約制の花見区画を有料化し、花見客への提供を始めた。今春のインターネット予約システム導入に合わせた。「花見の一等地を簡単に予約できるメリットがあり、公平性の観点から一定の負担が必要と判断した」と説明、全国的にも珍しい取り組みとしている。

福岡市では19日に開花が確認されており、全国で例年繰り返される場所取り競争にも一石を投じそうだ。

20~30人用の1区画で2時間500円を徴収。公園管理事務所によると利用者からは「早朝から予約に並ぶ必要がなくなった」など肯定的な声が多いという。区画外は無料で利用できる。

「桜まつり」期間中の22日~4月8日に、桜がよく見える20~30人用のスペースを27区画用意。ネット予約は今月1日から始まっており、収入は巡回警備や夜間照明の充実にも充てる。

約50本の桜が並ぶ同公園は、場所取りが難しい花見スポットとして知られる一方、ごみの放置なども問題化。解決のため2007年から特定区画で予約制を導入した。昨年は481団体、計約8700人が利用した。

有料化が始まった22日は朝から雨で、スタート時点で区画を利用する花見客はいなかった。公園管理事務所によると、桜は一分咲き程度で、この日の予約は夜間に2件のみ。花見が本格化する月末を中心に予約が埋まっているという。

県などによると、花見の有料化は、福岡市の舞鶴公園や仙台市の西公園の一部などで行われている。大阪市の大阪城公園でも今春からバーベキューエリアで実施される見込み。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン