/

子供の転落死5年間で92件 約半数が0~4歳児

消費者庁は21日までに、子供(14歳以下)が窓やベランダから転落死する事故が2014年までの5年間で92件に上り、うち約半数が0~4歳児だったと発表した。厚生労働省の人口動態統計を分析した。消費者庁は子供の行動を把握し、窓やベランダの出入り口を施錠するよう求めている。

年齢別では3歳児が19.6%(18件)で最多。4歳児が15.2%(14件)、1歳児が5.4%(5件)だった。窓を開放する機会が多い春から夏にかけて事故が増加する傾向があった。

医療機関から報告された事例では、14年11月に4歳児が9階のベランダから転落し足を骨折。高さ1.2メートルの柵があったが、椅子と箱を重ねて登ったとみられるという。

消費者庁の担当者は「窓やベランダの近くに足掛かりとなる物を置かない。子供が登りにくい突起が少ない手すりも活用してほしい」と呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン