/

ミャンマー大統領が辞任 7日以内に後任選出

アウン・サン・スー・チー国家顧問(右)と並んで座るティン・チョー大統領(2月、ネピドー)

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマー大統領府は21日、ティン・チョー大統領が同日付で辞任したと発表した。理由は明らかにされていないが、健康上の問題が以前から指摘されていた。現政権ではアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が実質的なリーダーだが、大統領には憲法上、行政府トップとしての幅広い権限がある。

後任の大統領は、憲法の規定に基づき、7日以内に連邦議会で選出する。暫定大統領には、規定により国軍出身のミン・スエ副大統領が就任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン