/

ウォルマート、500店にフェデックス拠点 アマゾン対抗

【ニューヨーク=平野麻理子】米小売業最大手のウォルマートは20日、今後2年かけて全米500店内に米物流大手フェデックスの営業所を開設すると発表した。ウォルマート内での営業所では配送受付や印刷など通常の業務に加え、届いた荷物を5営業日預かるサービスを提供する。店舗への客足を増やす効果を期待している。

全米の約50カ所で試験営業をしていた。米国では不在時に配達物を玄関先に置いていくことが一般的だが、ウォルマート内での受け取りを指定すれば、好きなタイミングで荷物を取りにいくことができる。玄関先に置かれた荷物の盗難リスクも減らすことができる。

アマゾン・ドット・コムが検討しているとされる自前の配送サービスが実現すれば、フェデックスは大口の顧客を失う可能性がある。ウォルマート店内で受け取りの利便性を高め、顧客の利用を促す狙いもある。同じくアマゾンに脅かされているウォルマートにとっても、フェデックスとの提携は消費者の来店を促すメリットが見込める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン