/

LINEモバイル、ソフトバンクと提携 今夏から回線利用

ソフトバンクは20日、LINE傘下で格安スマートフォン(スマホ)を手がけるLINEモバイルと資本・業務提携を結んだと発表した。2018年夏から、LINEモバイルがソフトバンクの回線を使って新たな通信サービスを始める。競争の激しい格安スマホ市場で再編が広がっている。

LINEモバイルの第三者割当増資をソフトバンクが引き受けた。増資後の出資比率はソフトバンクが51%、LINEが49%。ソフトバンクから3人がLINEモバイルの役員に加わる。

格安スマホは大手携帯3社のどこかから回線を借り、格安の通信サービスを提供する。これまでLINEモバイルはNTTドコモの回線を使っていたが、新規契約者などについてはソフトバンクの回線を使う見通し。今後、端末の共同調達なども検討する。

ソフトバンクは既に「ソフトバンク」と格安ブランドの「ワイモバイル」を持つが、LINEモバイルはインターネットでの販売に強い。料金体系がシンプルでワイモバイルよりやや安いため、今回の提携は若年層の開拓につながると判断した。

格安スマホを巡っては、昨年11月に楽天が「フリーテル」を買収。料金競争が激しくなるなか、今後も合従連衡が続く可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン