/

この記事は会員限定です

農の工業化、野菜14毛作 AIや自動設備活用進む

九州食糧維新(2)

[有料会員限定]

熊本空港(熊本県益城町)近くに土耕栽培用の高機能ビニールハウスがずらりと並んでいる。3月6日に訪れると、土の上に小松菜が緑のじゅうたんのように広がっていた。ベビーリーフ(野菜の幼葉)生産で国内最大手の果実堂(同)の高瀬貴文取締役が開発した。年間14毛作を実現し、従来型ハウスの約2倍の収量確保が可能だという。

自動換気や独自の耐圧設計などが特徴で台風や降雪にも強い。果実堂は2008年にベビーリーフ栽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1314文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン