/

この記事は会員限定です

千葉の伊勢丹松戸店、21日閉店 街づくり方向性見えず

[有料会員限定]

伊勢丹松戸店(千葉県松戸市)が21日、44年間の歴史に幕を閉じる。長年にわたりJR松戸駅周辺の中核施設として街のにぎわいを支えてきたが、同市の賃料支払いによる経営支援策が市議会で認められず、独力での存続が困難となった。伊勢丹松戸店が入居するビルでは新たなテナントの確保を急ぐとみられるが、大型店の集客力に頼らない地に足の着いた街づくりの方向性は不明瞭なままだ。

伊勢丹松戸店は1974年に開業。95年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン