シーメンスやGEが大型風力発電機 火力・原子力代替狙う

2018/3/20 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

風力発電機の大型化競争が激化してきた。独シーメンスは2020年代前半に、出力1万キロワット以上の洋上風力発電機を発売する方針を決めた。出力が現在の主力機種の1.5倍以上の大型機を洋上に並べて大規模な風力発電所をつくり、原子力や火力を代替する狙いだ。米ゼネラル・エレクトリック(GE)なども大型化を目指しており、風力を基幹電源に育てる動きが広がってきた。

大型機の発売計画は、シーメンスガメサリニュー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]