/

2月の訪日客23%増 春節で中国が大幅増

日本政府観光局が20日発表した2月の訪日外国人客数は前年同月比23.3%増の250万9000人だった。2月として過去最高を記録した。2017年は1月だった中国の春節(旧正月)が2月にずれ込んだことで中国の訪日客が4割伸びたことが全体を押し上げた。

訪日客数を国・地域別でみると、中国が40.7%増の71万6400人で最も多かった。韓国が18.1%増の70万8300人で続き、台湾が16.9%増の40万900人、香港が26.9%増の17万8500人の順となった。

増加率では春節効果で中国が最も高く、シンガポールとマレーシアがそれぞれ3割超増えた。観光庁の田村明比古長官は同日の記者会見で「1~2月の訪日客は前年同期に比べて15.7%増えており、堅調に推移している」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン