2018年11月18日(日)

中国経済に潜むもろさ 本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
Deep Insight
本社コメンテーター
2018/3/21 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米大手投資会社、ブラックストーン・グループを創業したスティーブン・シュワルツマン氏は、中国の首脳と太いパイプを持つ。

昨年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)では習近平(シー・ジンピン)国家主席と、今年1月の会議では習主席の経済指南役である劉鶴氏とそれぞれ会い、米中関係を議論したもようだ。

そんな親中派のシュワルツマン氏ですら、米中間の不均衡の問題には手厳しい。「中国の関税は米国の何倍も高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報