2018年11月19日(月)

かわる格付けの評価軸 銀行、国際業務で明暗

金融最前線
2018/3/20 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業の信用力を外部機関が評価する格付け。社債の金利が変わり資金調達コストにじかに響いてくるだけに、大手銀行もその評価に一喜一憂する。各行とも経営幹部や投資家向け広報(IR)が格付け会社との対話を重ね、自社の事業の説明に懸命だ。日銀のマイナス金利政策やグローバル化に伴う費用の増加など、収益を揺らす材料に事欠かないご時世だけに、評価軸の変化に目を凝らす。

3月上旬、あおぞら銀行の行内がわいた。日本格…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報