/

この記事は会員限定です

「金融×大学」実利重視に 高齢化対応や技術革新急ぐ

[有料会員限定]

金融機関と大学が新たな関係の構築に乗り出している。これまでの寄付講座や人材育成にとどまらない「実利重視」の連携が目立つ。三菱UFJ信託銀行などが慶応大と始めた共同研究は、超高齢社会での新しい環境を整える狙いがある。IT(情報技術)と金融を融合した「フィンテック」の進化を見据え、高い専門性を大学側に求める事例も出てきた。

長寿で生まれる経済や金融取引の課題を探り、その際にどんな金融サービスがふさわし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン